手術の目的は美容ということを忘れないようにする

サイトメニュー

目元の美容施術

目元を触る人

施術方法の選び方

二重整形には2種類の方法があるので、手術を受ける時はどちらにするのか選ぶ必要があります。まず、埋没法はメスを使わないプチ整形で、まぶたの裏側から糸で留めるだけの簡単な手術です。糸で留めるだけなので何かの拍子に糸が切れ、元の状態に戻ってしまうこともあります。切開法はまぶたを切開して二重のラインで縫合する方法で、小さな傷跡は残るものの取れる心配はありません。費用に関しては埋没法が10万円前後、切開法が20万円前後が相場となるので、手術費用を安くあげたいなら埋没法を選ぶのが良いでしょう。また、接客業など人前に出る仕事の場合は、ダウンタイムが短く晴れの目立ちにくい埋没法を選ぶのが賢明です。週末に手術すれば、月曜日にはメイクで腫れを隠して出勤することができます。切開法の場合は、もう少し腫れる期間が長引くため、メイクで隠せないことがあります。手術の方法だけでなく、手術を受ける病院選びも大切です。病院の選び方としては、二重手術を得意としているのがポイントとなります。それぞれの美容外科は力を入れている分野があるため、口コミで評判が良かったり、症例数が多く経験豊富な医師がいる病院を選ぶのがおすすめです。満足度の高い仕上がりになるでしょう。

二重整形においては、費用が安く簡単であることから埋没法が人気です。しかし、埋没法は誰でも受けられるわけではありません。まぶたの脂肪が多い人は、留めた部分が脂肪ではじけてしまうため、すぐに元の状態に戻ってしまいます。そのため、費用は高くなりますが脂肪を除去して二重にできる切開法のほうが向いています。切開法は切開縫合するため強度が高く、埋没法では実現しにくい幅広並行二重にすることも可能です。ぱっちりとした外人のような目元になりたい人は切開法にするのがよいでしょう。二重整形にかかる手術時間は、埋没法は10分から15分程、切開法も麻酔などを入れて1時間ほどで完了します。特に埋没法は短時間で終わる手術なので、買い物のついでや仕事帰りに受けることも可能です。どちらの方法で手術をしても日帰りで帰れるので、目元を隠せるようなサングラスを用意しておくのがおすすめです。メイクは埋没法の場合は手術後3日目から、切開法の場合は手術後1週間目から行うことができます。しかし、しばらくの間は濃いアイメイクは避け、落としやすいメイクにするのが賢明です。ゴシゴシこすらなければならないメイクはNGです。マツエクは術後1ヶ月たってから行うようにしましょう。